ネイビードレスの着こなしとは?合わせる小物によって印象が変わる?

上品なイメージのネイビードレスは、様々な場に着ていくことができます。
年齢を問わずに、様々な着方ができるのが、ネイビードレスの魅力です。
今回は、ネイビードレスの着こなし方について、考えてみたいと思います。

色の組み合わせ

シンプルなネイビードレスだけだと、地味に感じることもあると思います。
結婚式といったおめでたい席には、あまり相応しくありません。
ネイビードレスは、様々な色と合わせることができます。
白やクリームといった色と組み合わせると、上品な清楚さを出すことができます。
もっと華やかにしたいのであれば、ゴールドの小物を合わせると、全体が明るく華やかみえます。
ボレロや羽織物など、小物をプラスしてみましょう。

真珠のネックレス

真珠のネックレスは、ネイビードレスと相性が抜群です。
付けるだけで、上品な印象を持たせることができます。
フォーマルな席にも相応しく、様々な場に対応できます。
昼のに着ていく場合は、短いものと、夜の着ていくときは、長いものと合わせましょう。

なにか一つアクセントを

ネイビーのドレスには気痩せ効果もあり、スッキリとした印象を持たせることができます。
ただ、その分シンプルで地味な印象も持たれやすいので、注意が必要です。
何か一つ、アクセントを用意してください。
若い方ならば、リボンやフリルといった装飾がついているドレスが、いいと思います。
ストールや小物も、派手なものを選ぶと、よいアクセントになります。

おわりに

ネイビードレスは様々な場面で着られる反面、着こなしも難しいです。
小物との組み合わせしだいで、印象もガラリと変わります。
伝大敵なコーディネートを考えることが、重要になってきます。