結婚式、二次会で初心者が間違いがちなドレスコード

結婚式や二次会にお呼ばれしたときに、悩みがちなのが「ドレスコード」。自分では気を使ったつもりでも、周りの友人やご年配の方から白い眼で見られてしまうなんてことがあっては、友人の特別な一日を台無しにしてしまうかもしれません。
パーティドレスを購入する前に、一度大人のマナーとして、ドレスコードの正解をチェックしておきましょう。

ベージュのドレスはセーフ?

白いドレスがNGなのは、一般常識として広まっていますが、ベージュのドレスはどうでしょうか。
そもそも、なぜ白いドレスがダメなのか知っていますか?それは、白は花嫁のための色だから。
「白」は花嫁の特権なんです。
では、ベージュならいいのでは?と思いがちですが、明るい光に照らされたときや、写真に写ったときなどベージュの色が飛んでしまい、白っぽく見えてしまうことがあります。
せっかく、マナーを気にして白を避けても、遠目からヒソヒソ…。あとからグチグチ…。なんてことは嫌ですよね。
ベージュや同じく色が飛んでしまいがちな薄い黄色なども避けるのが正解。
ベージュのパーティどれすしかない!なんてときは、ストールやボレロなどを濃い目の色にするなど小物で調整してみましょう。

ファーがだめなのはなぜ?

パーティドレスのマナー違反としてもう一つ有名なのは、「ファー」はNGということ。
ではなぜファーはダメなのでしょうか。その理由をしれば、同じ理由でやりがちな初心者の間違いも避けることができます。

ファーがだめな理由は実は一つだけではないのです。
有名な一つ目の理由は「殺生を感じさせるから」。ファーはフォックスやラビットなど動物の毛からできています。(フェイクファーもありますが、遠目ではわからないですね。)
結婚式というお祝の場にふさわしくない、という考えからです。
もう一つは、披露宴では必ずお食事がでます。お食事をしている横でファーからの毛が飛んでしまう可能性があるから、避けたほうがよい。という説です。

今の時代では、あまり気にする人も少なくなってきていますが、友人の親戚や会社の方など、これまで会ったことのない人がたくさん来る結婚式や二次会では、初心者だから、といって間違ってしまうことを分かってくれる人もいない可能性があります。
パーティドレスを選ぶ時には、一度マナー違反をしていないか、チェックしてみましょう。